王様のブログ

睡眠不足のカップルはケンカが増える?!

「睡眠不足でイライラしていて、ついパートナーにあたってしまった」
そんな経験はありませんか?今回は夫婦関係における睡眠の大切さをご紹介いたします。
睡眠不足の時は考え方が偏りがちになり、普段なら許せることも許せなくなることが少なくありません。
アメリカのある大学によると妻の睡眠時間が短かった翌日は、ぐっすり眠った翌日より夫婦ゲンカをする確率が高くなったという結果があります。
睡眠不足になるとイライラしてしまう原因は『セロトニン』という精神を安定させる働きをもつ脳内の神経伝達物質の減少にあります。
『セロトニン』は太陽の光を浴びたり、運動をすることで分泌が増えます。
睡眠不足のときは脳内のセロトニンが減少し、気持ちのバランスをとるのが難しくなり、ケンカをしやすくなるそうです。
熟睡するために大切な明るさ、音、温度などの『寝室環境』は夫婦で同じ寝室の場合、お互いの要望をすりあわせていくことが不可欠です。
ダブルベッドはパートナーの動きの影響を受けやすいため、生活時間が合いにくい場合などは、別々のベッドにすることも検討しましょう。
また睡眠には身体や精神の不調があらわれやすいので、『睡眠時無呼吸症候群』などを見逃さないためにも
パートナーとして、相手の睡眠に気を配ることが大切。
自分だけでなく、パートナーもぐっすり眠れるように気遣い合うことは、夫婦ゲンカ防止はもちろん、お互いの理解や愛情を深めることにもつながるはず。
その結果、ますます夫婦円満に暮らせるようになるかもしれませんね。