王様のブログ

よく寝る人は年収が高い!?睡眠の満足度によって年収が変化!

「ちょっと体調が悪くて…」「なんだか最近体が…」こんな悩みを抱えている
ビジネスマンは多いですよね。
今回は睡眠の満足度と年収の関係のお話です。
sleep_social
■社会でできる人ほど睡眠上手!
睡眠に満足している「満足層」と睡眠部族など睡眠に問題を抱える
「不満層」に分けてアンケートを行いました。
20代~40代の男性に現在の年収について尋ねたところ、
「満足層」は「不満層」よりも高い年収を得ている傾向があることがわかった。
また、全国の20代~60代の男女を対象に実施したデータによると
年収700万円以上の割合を比較すると、「満足層」は13.1%、
「不満層」は8.1%で1.6倍の差が見られました。
さらに、年収1,000万円以上に至っては、「満足層」は、4.2%、
「不満層」は1.7%と2.5倍もの差が開きました。


■睡眠に満足している人は、語学も達者!
20代~30代にTOEICの点数を聞いたところ、
「800点以上」のスコアを持つ人の割合が1.24倍高いこともわかりました。


■さらに年収が高い人の習慣はこうだった!
睡眠時間を削るのではなく残業時間を削って時間を捻出する。
帰宅時間や睡眠時間などはそれほど大きな差は見られず、
「デキる」ビジネスパーソンは限られた時間を有効に使い、
スキルアップやプライベートの充実に励んでいるようです。



睡眠は精神状態や頭の回転に大きく影響するというのは昨今で広く言われていることです。
そういった生活習慣の不満が積み重なると仕事にも影響し、
結果として年収にも影響してきそうです。



(参考: http://www.karacure.com/)