王様のブログ

寝苦しい夏の夜は「抱き枕」でグッスリ快眠

王様のブログをご覧いただきありがとうございます!
今回は、夏の寝苦しい夜に抱き枕がおすすめの理由3つをご紹介致します。

【 1 】「背中」が涼しいとグッスリ眠りやすい!
睡眠中の暑さは、背中(特に肩甲骨あたり)で最も感じるので
熱帯夜の寝苦しさで起きてしまうのは「背中が蒸れて」いるからかも知れません。

抱き枕を使うと横向きになるので、背中が大きく開放され通気がよくなり
汗をかきやすい人には特におすすめです。
また、脇の下や膝の間に空間が生まれて涼しくなります。

【 2 】夏場はビッグサイズの抱き枕がおすすめ!
寝苦しい夜は薄いタオルケットや何も掛けずに寝るので落ち着かないなんて事はありませんか?
そんな時は抱き枕をしっかり抱いてリラックス!

大きさは100cm以上の長めで、腕が回せるくらいの幅が最適です。
枕の太さにボリュームがありすぎると、足を回したときに骨盤が開いて
苦しくなってしまうので選ぶときは注意が必要です。

【 3 】冷やし過ぎは夏の不眠の原因に!
冷却ジェルの寝具が近年注目を集めていますが、冷やし過ぎにも要注意。
身体の中心の熱を手足など末端から放出することで体温を下げ眠りにつくので
手足を冷やし過ぎてしまうと血管が収縮したまま熱の放出が行われない状になり態寝つきが悪くなります。

また、ふくらはぎの冷えは「足がつってしまう」原因にもなりますので、冷やし過ぎに注意が必要です。

いかがでしたでしょうか?
王様シリーズでは吸水速乾性に優れ、いつでもサラサラ快適なクールカバーの抱き枕をご用意しております。
《 王様のクール商品はこちら 》

item_01_daki-m-cool item_01_daki-l-cool item_01_daki-s-cool item_01_daki-jr-cool