王様のブログ

そんな場所で睡眠!?まどろみを楽しむイベント&施設5選

帰宅後、疲れてベッドに倒れ込むだけの生活は、味気ないですよね。
寝る前に好きなことに浸る時間を持ったり、うとうとする瞬間を味わうのも睡眠の醍醐味ではないでしょうか。
今回は、まどろみを楽しむイベント&施設5選をご紹介します。

■罪悪感ゼロの「熟睡プラ寝たリウム」
2016100401
暗闇の中でシートに体を預けていると、自然とまぶたが重く…。プラネタリウムでよくある失敗ですよね。
そんなお客さんに罪悪感を持たずに眠ってもらおうと、全国のプラネタリウムで勤労感謝の日に「熟睡プラ寝たリウム」というイベントが開催され人気を集めています。
当日は、ごろ寝スペースやいびきOK席が用意され、心置きなく眠れる環境が整っています。満天の星空を眺めながらゆっくり眠りに入っていけるなんて、日常では体験できない癒しですね。このイベントは2016年も全国約30施設で開催予定です。

■寝落ちの幸せに浸れる「泊まれる本屋」
2016100402
寝る前に本を開いて、次第に心地よい疲れを感じて眠りに誘われた経験が、きっと誰にでもあるはず。
読書しながら眠りに落ちる体験を楽しんでもらおうと作られたのが、東京・池袋の宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」です。
“泊まれる本屋”をコンセプトに、まるで本棚の中で眠るように設計されています。ちょっとした夜更かしで幸せな気分のまま眠れる瞬間は、忙しい毎日を送る人にとっては最高の贅沢ですね。

■水族館の「クラゲヒーリングナイト」
2016100403
全国各地の水族館で人気のお泊りナイトツアー。
クラゲの展示に力を入れている神奈川の新江ノ島水族館では、大人の女性にターゲットを絞った「クラゲヒーリングナイト」が評判です。
クラゲなどの水槽の前に簡易ベッドが用意され、眠るまで思う存分鑑賞できるのです。
イギリスの国立海洋水族館などの研究では、水槽で泳ぐ魚を見る実験で、被験者の気持ちが落ち着き血圧も下がるといった効果が出ています。水中をゆったりと舞うクラゲならもっと癒し効果が高いかも?

■眠っても怒られない「スーパー・リクライニング・コンサート」
2016100504
東京・渋谷の「HAKUJU HALL」で開催されるクラシックコンサートは、なんと演奏を聴きながら居眠りしてもOK!
しかも客席がリクライニングシートになっているのです。
これは敷居が高いと思われがちなクラシックコンサートをより多くの人に楽しんでもらおうという試みです。
ステージの上の演奏者に寝ている姿を見られるのはちょっと気が引けますが、リクライニングシートで聞く極上の音楽に身を委ねてみたいですね。

■昼寝は立派な特技!「シエスタ選手権」
5c49e343756b8ad76f12c96080eb53e9_s
昼寝をするなど長い昼休憩をとる文化「シエスタ」で知られる、スペイン。
昼寝の習慣の素晴らしさを世に伝えようと、2010年に前代未聞の「シエスタ選手権」が開かれました。
出場者はソファに寝転び、制限時間20分のうちどれだけ長く眠れるか、また、いびきの大きさや寝姿のユニークさなどを競います。
昼間のショッピングモールで行われたこの大会、優勝した当時62歳の男性はなんと20分中17分も眠り、大いびきまでかいたそう。すぐにぐっすり眠るなんて、頑張ってできることではありませんよね。ここまでくると立派な特技です。

入眠までの幸せな時間や、眠りそのものを楽しむ姿勢は、私たちの日常生活のヒントにもなりそうですね。