王様のブログ

枕の方角で運気が変わる!? 風水からみたおすすめの枕の向きとは

眠るときに枕の方角を気にする方はどのくらいいるでしょうか?風水では枕の向きなどの寝る時の環境が重視されます。
今回は、良い運気を呼び込む枕の向きについて風水の観点からみていきましょう。

寝室の重要性

20161208_02
風水は、今から4000年前に中国で発祥した環境学ですが、別名を「寝床学」と呼ぶほど寝る時の環境を重視します。
風水では、運気が最初に入る玄関を整えることが大切だと言われています。
そして、人生の約3分の1の時間を過ごす寝室も玄関と同じくらい運気を取り込むのに重要な場所です。
一日の疲れを癒し、寝ている間に明日への活力を補充する寝室が整っていないと、良質な睡眠が得られず日常生活に影響を及ぼす可能性も出てきます。

枕の向きを変えてみよう

20161208_03
寝室の環境を整えるために大切なのが枕の方角です。
枕の向きによって、ぐっすり眠ることができたり、エネルギーをチャージできたり、反対にイライラ怒りっぽくなったりと精神面や健康面にも影響が出ると言われているのです。
最近、「寝つきが悪い」「些細なことでイライラする」という方は、この機会に枕の向きを変えてみましょう。

風水からみた枕の方角の意味は?

20161208_01
・実は運気の良い北枕
「北枕は縁起が悪い」と耳にしたことのある人も多いでしょう。
これは、お釈迦様が亡くなった時に頭を北に向けていたことから、死者を北枕で寝かせて極楽往生を願う風習が生まれ、「北枕は死者の寝る向き」というイメージが定着してしたためです。
しかし、風水では、気は北から南に向かって流れると考えられているため、北枕は睡眠中、自然に気を取り込むことのできる良い向きなのです。
さらに、北枕で寝ると磁力が頭から足へと流れるため「頭寒足熱」となり熟睡できるという説もあります。
また北枕は健康運だけでなく金運もアップすると言われています。今まで北枕を避けていた方は試してみると良いでしょう。

・エネルギーを充電できる東枕は若返りも!?
エネルギーの源である太陽が昇る東は、風水では発展や成長の意味を持つ方角だと言われています。
東枕で眠ることで代謝の活性化が期待できるため、若返りやダイエット効果があるという説も。
ただし、東枕は早起きしやすい反面、不眠の方には眠りづらい向きでもあります。
若さを保ちたい女性や気分が沈みがちの方、営業職など仕事にエネルギーを必要とする方におすすめの方位と言えるでしょう。

・リラックスできる西枕
太陽が沈んでいく西は、風水では落ち着きを得られる方位だと考えられています。
西枕で眠るとリラックスして熟睡できるため、ゆっくり休みたい方にはぴったりの方角です。
ただし、運気については上昇というより安定の意味を持ち、エネルギーは抑えられがちになります。
そういう意味では、西枕は若い人よりも年配の方に適した向きかもしれません。

・イライラ怒りっぽくなる!?南枕
北枕を避けるために枕を南向きにしている方もいるかもしれませんが、南枕は風水上、あまり良い方角ではありません。
北枕は「頭寒足熱」とお伝えしましたが、逆の向きである南枕は、自然の気に逆らっているため、熟睡しづらく気を取り込みにくいのです。
また風水で火の方位である南に頭を向けて眠ると、イライラしたり怒りっぽくなるとも言われています。
ただし、南は人気運や才能運をアップさせる方位でもあります。
枕元に観葉植物や水差しを置くと、植物の水の気が火の気を中和してくれるので、南枕で寝る方は試してみてください。

枕の方角は、睡眠の質はもちろん精神面や健康面にも影響を与えます。
寝つきの悪さや眠りが浅いことで悩んでいる方は、枕の向きを変えてみることで解消されるかもしれません。