王様のブログ

スマホで巻き肩

スマホで巻き肩ってどういうこと?

現代人はパソコンのディスプレイに向かったり、スマホを眺めている時間が長く、前かがみの姿勢でいることが多くなりました。そのため、巻き肩の人が増えていると言われています。巻き肩は見た目の印象が悪いだけではなく、ボディラインが崩れ、ひどい場合には体調不良の原因になることもあるのです。

巻き肩とは?

巻き肩は、肩の関節が前に丸まり気味で、鎖骨辺りから肩が前に巻いている状態のことをいいます。
猫背は背中全体が丸まっている状態で、巻き肩は猫背の人に多いです。
しかし背筋がピンと伸びているように見えても、実は肩だけが前に歪んで巻き肩になっている人もおり、まっすぐ立っていても姿勢が悪く見えています。

☆実は巻き肩かも?あなたの巻き肩をチェック!

  • 鏡の前に立ち、肩の位置を横から見た時、明らかに背中が見える。
  • 腕をダランとした状態から水平に肩まで上げると、腕が真横ではなく少し前に出る。
  • 意識しないで歩くと、腕が身体の前後ではなく前方に振れやすい。

なぜ巻き肩になるの?現代人はスマホ巻き肩が増えている!?

巻き肩になる原因は普段の姿勢によることが大きく、主に以下の原因が上げられます。
さらに新現代病と呼ばれる「スマホ巻き肩」の人が増えていると言われています。

  • デスクワーク、パソコン操作など前傾姿勢を取ることが多い
  • 座る際の姿勢が悪い(椅子に浅く腰をかけお尻が前に流れている)
  • 常にスマホを手放さず、画面をのぞき込んでいる
  • 横を向いて寝る習慣がある

巻き肩になると姿勢だけでなく体の不調、ボディラインへの悪影響も!

巻き肩になると姿勢が悪くみえるだけではありません。肩や頭が前に出て骨盤が後ろに傾くことによって、身体の様々な不調やボディラインにも影響するのです。

  1. 肩や背中のこり(肩甲骨周辺の筋肉が前に引っ張られるため)
  2. 肩こりによる頭痛
  3. 呼吸が浅くなる(胸がすぼんだ状態のため大胸筋や小胸筋が縮む)
  4. バストが下がる(同上)
  5. 二の腕がたるむ(腕を後ろに引く動きが制限されるので上腕三頭筋の活動が少なくなる)
  6. お腹がぽっこり出る(骨盤が後ろに傾き筋肉が活用されなくなる)
  7. お尻が垂れる(お腹が前に突き出る姿勢になる)

巻き肩を改善する枕はある?寝る時の姿勢は?

仰向けの姿勢に慣れる

巻き肩を改善した人は、できるだけ仰向けで寝るようにしましょう。

腰が痛い人や妊婦さんを除き、寝る時の理想的な姿勢は仰向けです。巻き肩や猫背の人が仰向けになると、背中が圧迫されるように感じます。また肩こりがある人は特につらいため、どうしても楽な横向き姿勢になりがちです。
横向きで寝ると、肩甲骨が背骨から離れ肩が前に丸まりやすくなるため、巻き肩がさらに悪化してしまいます。

肩が浮く人はタオルで調整

仰向けに寝ても首と肩の間に隙間ができない、肩と首をしっかり支えてくれる枕が理想です。
巻き肩がひどい人は、両肩が少し浮いてしまい違和感があることがあるかもしれません。その場合は肩の下にタオルを敷いて、肩が楽な状態になるまで調整します。無理せず仰向けの状態で寝ることに慣れていきましょう。

手の平を上に向けると効果的

寝る時の姿勢でもう一つのポイントは、仰向けの状態で手のひらを上に向けることです。こうすることにより鎖骨が開き、肩甲骨が正常の位置に戻ります。
これは起きている状態でも同じで、立っていても座っている状態でも、手のひらをクルッと前に返すだけで自然な姿勢に戻すことができます。デスクワークの合間に簡単にできるのでオススメです。

巻き肩は普段の姿勢に大きく影響されますので、座る時には骨盤を立て、坐骨で椅子の上を捉えるようなイメージを意識するなど、普段の姿勢が大事です。デスクワークに疲れたら、肩甲骨を動かすように肩を後ろに回したり、鎖骨の下をリンパを流すように揉みほぐしてみましょう。