王様の枕とは?

王様の夢枕誕生秘話

王様の枕は、秋田県山本郡八峰町に本社を構えるBeech株式会社(ビーチ株式会社)が製造しています。
今や大人気商品となった王様の枕は、どのように誕生したのでしょうか。
王様の枕生みの親、Beech株式会社の服部隆司代表取締役がその経緯を語りました。

どこにも公開されていない王様の枕誕生秘話を、キング枕.comがご紹介します。

第3話

王様の夢枕の今後

01.王様の夢枕の今後

-

王様の夢枕を売りだした当時は、枕といえば綿が多かったんでしょうか?

服部

そうですね。
あとは、低反発素材が出始めた時でした。

-

じゃあ、王様の夢枕を販売し始めた当時、反響が大きかったんじゃないですか?

服部

当時は(反響が)ありましたねぇ。
当時はビーズのクッションはありましたけれども、ビーズの枕はなかったんです。

-

当時は「枕といったら綿」だったから。

服部

そうそう。
当時はビーズ枕っていうのは出てなかったので、みんながみんな「何これ?」と驚いてくれた時代でした。

-

色々な素材の枕が誕生している今、王様の枕は今後どう展開していくんでしょうか?

服部

王様の枕としては、これからも究極のビーズ枕を作っていきます。

何万個売れようが、購入してくださった方全員が納得してくださっているわけではないですからね。
「100点満点の枕をつくりたい」というのは自分のエゴかもしれません。
でも、合わなかったというご意見を頂戴する以上、そこを突き詰めてビーズ枕の研究をしていきます。

そして今後、お客様のご要望に答えてセミオーダーができる、『マイ枕』のようなものまで展開できたらいいな、と考えています。

人間が重力に逆らって二足歩行をしている以上、枕は絶対必要です。
お客様が、「この枕使ってよかった」とご満足いただけるような枕、それだけを追求してつくっていきたいと思っています。

-

ありがとうございました。