抱き枕は、今、腰痛などの痛みを抱えた方の健康補助用具や「睡眠時無呼吸症候群」対策のための横向き寝をサポートする寝具として、また、クッションや癒やしグッズなどとして人気の商品です。
用途によってあらゆる形の枕があり、プレゼントとしてご購入される方も多く、とてもポピュラーなものになってきました。

そんな抱き枕にはどんなメリットがあり、どんな使い方をすれば良いのかといった情報をまとめました。

抱き枕は、通常の枕と異なり睡眠の補助用具として医療用具に似た役割を果たすこともできます。
形、大きさ、素材が独自のものが多く作られ、用途や抱えている問題によってどんな抱き枕が良いか選ぶことも可能です。
では、具体的に抱き枕にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
種類別に見ていきましょう。

This is Heading

This is Heading

This is Heading

This is Heading

メリットその1「抱き枕で腰痛を和らげる」

腰痛にお悩みの方

抱き枕を使って、腰痛を和らげる

腰の負担とその原因は?

まず、腰痛の原因には何が考えられるでしょうか。
一つは、同じ姿勢を取り続けることによる筋肉疲労です。
1日中のデスクワークで座りっぱなしの方は、これが原因となっている場合が多いと考えられます。
椅子に座っている姿勢は、立っている姿勢よりも腰にかかる負担が1.4~1.5倍大きく、長時間座ることの多い方は注意が必要です。

また、腰痛の病気として一番有名なのが、『椎間板(ついかんばん)ヘルニア』です。
椎間板とは、椎骨と椎骨の間で衝撃を和らげ、クッションの役割を果たす軟骨です。

ゼラチン状の髄核と、コラーゲンを含む線維輪軟骨から成っており、この椎間板に負担がかかりすぎると髄核が線維輪軟骨を突き破り、神経を圧迫します。

圧迫された神経が腰痛や下半身のしびれを引き起こし、椎間板ヘルニアとなります。

この他にも、寝不足や背骨の歪み、肥満や冷え性なども腰痛の原因になる場合があります。

長時間の同じ姿勢を避けて定期的にストレッチをしたり、適度な運動をする。
腰に負担のかかりすぎる過度な運動を避ける。
また、腰を温めるなど、腰痛にならないために日頃から対策をすることが大切です。

横向き寝で、腰の負担を軽減。

横向きの姿勢で寝ることによって、腰にかかっている負担を軽減することができます。

立っている時の姿勢と比べると、横向き寝の姿勢の時は、腰への負担が70~80%ほどに和らぎます。
さらに、抱き枕を使用して腕や足を固定することによって横向きの姿勢に安定感が生まれ、抱き枕を使用しない時よりも身体の力を抜いてリラックスすることが可能です。

腰の力を抜くことが一番ですので、身体の大きさにあった抱き枕を選ぶことが大切です。

仰向き寝で、腰痛の原因「仙骨」の角度を矯正。

現在の腰痛の80~85%が骨に異常が見られない「原因不明」であると言われています。
しかしその中で、腰痛を抱える方のほとんどが『仙骨』が大きく反っていることも発見されました。

健常者で腰椎に対して25度ほど傾いていますが、腰痛の方は30~45度まで傾いていることが多いそうです。
これが原因不明の腰痛を引き起こしているのではないかとの研究が進んでいます。

仙骨が傾いてしまう原因は、姿勢の悪さ。
日常生活で猫背になるなどの姿勢の悪さが重なり、骨が歪んでしまうのです。

仙骨が反った状態の腰痛持ちの方は、通常の仰向けをしただけでは仙骨が敷布団にあたり、さらに腰が痛く感じます。

そこで、膝枕を使用してひざを立てると、仙骨の角度が敷布団に対して並行になるため痛みを感じず、加えて背中全体で体圧を分散出来るので、安定感がでます。自分の体重で仙骨を押すことができるため、徐々に仙骨は正しい角度まで矯正され、腰痛が改善されていきます。

若い方で2週間、ご年配の方でも2ヶ月程で仙骨の反りが改善され、腰痛が軽減されたという声も聞かれます。

メリットその1「抱き枕で腰痛を和らげる」

腰痛にお悩みの方

抱き枕を使って、腰痛を和らげる