女性におすすめの枕とは!?美容と健康は良質な睡眠から

目次

人生のおよそ3割は睡眠です。大切な睡眠時間を有効に過ごすためには枕が重要。美容と健康のためにも睡眠をおろそかにすることはできません。自分の体に合った枕を選び、毎日を充実させましょう。この記事を読むことで、女性におすすめの枕の選び方がわかります。ぜひ参考にしてください。

女性の体に合った枕の選び方

快適で良質な睡眠を与えてくれる枕と巡り会えたら最高ですよね。では、女性の体に合った枕の選び方とはどういったものでしょうか。重要なことは、バランスよく体を支え骨格にフィットしていること。枕を選ぶ際のチェックポイントは以下の4つです。
・枕の高さで選ぶ
・枕の大きさで選ぶ
・枕の形状で選ぶ
・枕の中綿で選ぶ
それでは順番に詳しく紹介していきます。

枕の高さで選ぶ

枕を選ぶうえで、最も大切なことは「自分に合った高さ」です。高さが合っていないと、首や肩に負担がかかります。結果、肩こりや頭痛・腰痛に悩まされることも。「女性の体に合った高さ」の枕は、健康と美容の維持に繋がります。注目すべき点は女性の頸椎弧は浅いということ。それでは具体的に解説していきます。

女性や子供は低めの枕を選ぶ

女性や子ども、やせ型の方は、低めの枕がおすすめです。女性は男性に比べ頸椎弧が浅く敷布団との隙間が小さいためです。女性が仰向けで寝た状態で、理想の高さは3~4cm。子どもややせ型の方は2.5~3cmです。枕の沈み込みが小さい分、低めの枕がちょうど良いです。 

体格のいい女性は高めの枕がおすすめ

体格のいい女性は、高めの枕がおすすめです。日頃運動している方や筋肉質な方も同様の考え方になります。仰向けで寝た状態で、理想の高さは4~5cmです。枕の沈み込みが大きくなる分、高めの枕が使いやすいでしょう。

 

自分にピッタリの高さを知る方法

自分に合った枕の高さを簡単に計測する方法をご紹介します。バスタオルを使えば、自分でも簡単に計測できるのでおすすめです。仰向けで布団に寝て、丸めたタオルを首の下にあてます。頭・首・肩がきれいなS字になるようタオルの厚みを調節します。そのタオルの高さが「自分に合った枕の高さ」です。壁に沿って直立した姿勢のまま仰向けになった姿が理想形。寝姿勢や体格、敷布団の硬さによっても影響してきます。

横向き寝に必要な枕の高さ

横向きで寝ることを好む方もいらっしゃると思います。横向きで寝た状態で、理想の枕の高さは10~15cmです。仰向けのときよりも少し高さのある枕がおすすめです。背中側から見て、背骨と頸椎が真っ直ぐになる事が重要。沈み込みが少なく、長時間頭を支えられるものが適切です。

枕の大きさで選ぶ

人は睡眠中、自然と寝返りを打ちます。枕の幅が狭いと枕から落ちてしまい、枕の効果が台無しに。自然と寝返りを打てることがサイズ選びのポイントです。それではサイズごとに解説していきます。

標準体型の女性はレギュラーサイズを選ぶ

基本の枕のサイズ幅は60cm程度です。一般的な日本人体型の肩幅と同じくらいのサイズ感になります。バリエーションも多いので、カバーの選択肢も豊富。自分好みのカバーを選んで、その日の気分で変えることもおすすめです。リラックスした環境を演出し、スムーズに眠りにつくことができます。

大柄な女性はラージサイズを選ぶ 

大柄な人や寝返りの多い人は、ラージサイズを選ぶと良いでしょう。ラージサイズの枕のサイズ幅は70cm程度。安心して寝返りを打てるので、朝まで安眠が保たれます。ホテルでも多く使われているサイズです。ホテルの枕を好む方や、ゆったりと寝たい人におすすめします。

小柄で華奢な女性は小さめを選ぶ

小柄で華奢な女性や子どもは、小さめサイズでも問題ありません。小さめサイズの枕のサイズ幅は50cm程度。無理なく寝返りできれば充分です。小さめサイズは収納しやすく扱いやすいことも特徴のひとつ。すっきりとした空間を演出できます。ひと昔前はこのサイズが主流でした。

枕の形で選ぶ

基本となる枕の形は長方形ですが、他にも色々な形状の枕があります。ここでは4タイプの形状を解説します。特徴を知り、自分の体格や寝姿勢に合った形を選びましょう。良質な睡眠をサポートしてくれるはずです。

標準的な長方形型

一般的な枕の形で、昔から広く使われている形です。お馴染みの形を使いたい方は、標準的な長方形型がおすすめ。種類が豊富なので、好みに合わせて選べるのも利点です。

フィット感に優れるウェーブ型

頭と首のカーブに合わせた形状でフィット感に優れるのがウェーブ型です。首元の隙間をしっかり埋めて、安定して支えてくれます。仰向け時の寝姿勢を自然に保ちたい方におすすめです。

使い分けができる頸椎支持型

好みに合わせて使い分けができるのが頸椎支持型です。近年主流になりつつあります。中身の素材を出し入れして高さを調節するタイプ。表裏を置き変えることで寝心地を選べるタイプ。その時々で好みの枕にチェンジして使いたい方にはおすすめです。

安心感が得られる抱き枕

安心感が得られる抱き枕も選択肢の一つです。抱き枕はサイズ選びが大切。身長や用途に併せて選ぶことが重要です。大きすぎると邪魔になり、睡眠の妨げになることも。逆に小さすぎると、物足りないと感じることになります。購入前に商品のサイズをしっかり確認しましょう。

枕の中綿で選ぶ

枕の形状は同じでも、中綿の素材で寝心地は大きく異なります。人によって硬さの感じ方も違います。その他、通気性やお手入れ方法などの特徴を知ることも大切です。トータルで自分の好みに合った中綿の素材を選びましょう。

ポリエステル綿

ポリエステル綿は、ふんわりと柔らかく弾力性があります。枕素材の定番です。ボリューム感のある枕を好む場合におすすめ。化学繊維のためカビや虫にも強く、枕素材の中では安価です。自宅で丸洗いすることもできます。ただ、使い続けるとボリューム感がなくなってくることが留意点です。

羽毛

通気性や保温性に優れ、オールシーズン使える高級素材。柔らかくて弾力もあり、ふわふわの寝心地です。留意点としては自然素材ゆえの臭い。商品によっては気になることもあるようです。

高反発ウレタン

高反発ウレタンは、名前の通り反発力の大きいウレタン素材です。しっかりサポートして、頭が沈み込みすぎることはありません。寝返りがしやすく耐久性が高いことも特徴です。フィット感は低反発枕より少し下がります。夏でも通気性は良いですが、冬はひんやりと感じやすいです。

低反発ウレタン

反発力が小さく荷重によって形が変わるウレタン素材です。頭の形や重さに合わせてフィットし、ふんわりと沈み込みます。体圧分散に優れ、頭を面で支えるので負担が軽減。一方で支える力が弱いため、寝返りが打ちにくいことも。通気性が弱く蒸れやすい面も留意点です。

ポリエチレンパイプ

ポリエチレンパイプは、プラスチックなどの化学素材です。熱がこもりにくく通気性抜群。一方寝心地はゴリゴリと硬い感触なので好みが分かれます。

ビーズ

極小のビーズは流動性に優れ、特徴的な触り心地を演出します。モチモチな感触のなかにも、しっかりとコシのある弾力が魅力です。高いフィット感が得られ、リラックス効果が高いのも特徴となります。

女性にピッタリの枕を選ぼう

この記事では女性の体に合った枕の選び方を解説しました。デリケートな女性の体を優しく包み込む枕を選びましょう。良い枕に出会えば快適で良質な睡眠が得られます。睡眠で疲れた体を癒し、元気で活気あふれる毎日を送りましょう。

王様の夢枕

人気商品

詳細を見る
王様の夢枕王様の夢枕
王様の夢枕
+3
+2
+1
販売価格¥6,600
商品ページへ
王様の抱き枕王様の抱き枕
王様の抱き枕
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥8,800
商品ページへ
王様の抱き枕 Lサイズ王様の抱き枕 Lサイズ
王様の抱き枕 Lサイズ
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥12,800
商品ページへ
王様の夢枕2王様の夢枕2
王様の夢枕2
+1
販売価格¥7,480
商品ページへ