枕の寿命はどのくらい?買い替えのタイミングを解説します!

目次

枕は良質な睡眠に欠かせないアイテムのひとつです。しかし長年使用していると、へたりや変質など使用感が変わってきます。枕の寿命を意識して、買い替えのタイミングを見極めましょう。この記事を読むことで枕の寿命や買い替えのタイミングが分かります。ぜひ参考にしてください。

素材別の枕の寿命

枕の平均的な寿命は1年~5年と幅があります。これは枕の中綿素材の特徴や使い方によって変化するからです。ここでは枕の中綿として使用される代表的な素材ごとに寿命の目安を紹介します。お使いの枕と照らし合わせて参考にしてください。

そばがら

そばがら枕の寿命は1年~2年ほど。そばがらは長く使用すると次第に粒が割れていきます。割れが繰り返されると粉状になり、枕の外に流出してくるのです。

結果、枕の高さが足りなくなり寝心地が悪くなります。粉が出てくる状態になると、お手入れも大変です。兆候が現れたら、早めに対処することをおすすめします。

低反発ウレタン

低反発ウレタン枕の寿命は3年~5年ほど。ひとくちに低反発ウレタンと言っても、密度など商品によって違いがあります。一般的には密度が高いほど長く使える傾向にあるようです。

その他の指標としては弾力性や復元力の変化が目安になります。体圧分散性能にすぐれた素材ですから、柔軟性が維持できているかが重要です。「枕の形が戻らなくなった」、「フィット感が悪くなった」と感じたら交換を検討しましょう。

高反発ウレタン

高反発ウレタン枕の寿命は3年~5年ほど。やはり、商品の密度によって耐用年数にバラつきがあります。高反発ウレタンは弾力性に優れ、頭のサポート力が高いことが特徴です。

へたりや、頭の沈み込みが大きくなったと感じたら交換を検討しましょう。

パイプ

パイプ枕の寿命は3年~5年ほど。素材自体の耐久性が高く、衛生的に扱いやすいのが特徴のパイプ枕。へたりに強いので長く使える枕として代表的な素材と言えます。

匂いが気になった時は丸洗いも可能なので、衛生面でも有利です。しかし、長期使用によって中綿パイプが少しずつ潰れてきます。寝心地に変化が現れますので交換の目安としてください。

羽毛

羽毛・羽根枕の寿命は2年~3年ほど。羽毛や羽根枕はふわふわと柔らかく、復元力も高い素材です。保温性や吸放湿性にも優れおり、寝心地と機能性を両立する素材だと言えます。

一方、濡れてしまうと乾きづらいなど、お手入れには少々気を使うことも。経年劣化により中綿がへたってくると、弾力性を失います。ふわっとした感触がなくなったり、枕の形が復元しなくなったりしたら交換時期と判断しましょう。

ポリエステル綿

ポリエステル綿枕の寿命は1年~3年ほど。ふわふわと軽い感触でボリューム感が特徴のポリエステル綿。長く使っていると中綿のダマが気になってきます。

ダマが多くなるとフィット感が失われていきます。頭を置いたときにゴツゴツした感触が不快に感じることも。ダマやへたりが出てきて、ボリューム感が失われてきたら買い替えを検討しましょう。

ファイバー素材

ファイバー素材枕の寿命は2年~5年ほど。頭をしっかり支える高反発素材なので、寿命も長めです。ファイバー素材の最大の特徴は通気性の良さで、衛生的に管理しやすい枕です。

とはいえ経年劣化は必ず訪れます。ファイバー素材が劣化すると柔らかさが失われ、硬い寝心地に変わってきます。ファイバー素材自体が脆く性質変化するためです。枕が硬く感じられ、寝心地が悪くなったと思ったら買い替えを検討しましょう。

枕の寿命を超えるとどうなるか

寿命を超えた枕を使い続けるとどうなるのでしょうか。本来快適な睡眠をサポートするアイテムが逆効果になってしまうことも。

体の不調が顕在化する前に買い替えを検討しましょう。ここではもう少し掘り下げて寿命を超えた枕のデメリットを確認します。

不衛生になることが多い

人が寝ているときは、大量の汗をかきます。その汗が枕に染み込み、枕内部の汚れが蓄積されていくのです。表面上では綺麗に見えても、内部ではダニが発生していることも。

洗える枕もありますが、完全に洗浄するのは困難です。枕を衛生的に使うためにも、一定期間ごとの買い替えをおすすめします。

寝心地が悪くなる

新品の枕はしっかりボリュームがありますが、時間とともにへたってきます。すると枕の高さが低くなり、睡眠の質に影響してくるのです。毎日使う枕ですから、へたってくるのも毎日少しずつ。

体に不調が出るまで気づきづらいかもしれません。ですから、一定期間ごとに枕の高さを測定して状態チェックすることをおすすめします。

枕を長持ちさせるコツ

よく吟味して選んだ枕は、長く付き合いたいものです。自分の体にマッチしていて寝心地も抜群ならば尚更ですよね。枕の大まかな寿命は解説しましたが、工夫次第で寿命を伸ばすことは可能です。ここでは枕を長持ちさせるコツを3点紹介します。

汗をしっかりと乾燥させる

枕に染み込んだ汗は定期的に乾燥させることが大切です。基本的には風通しの良い場所で、時間をかけて陰干しするのがよいでしょう。お使いの枕の取り扱い情報を確認し、適した乾燥方法を採用しましょう。

洗える枕はこまめに洗浄する

丸洗いできる枕なら、こまめに洗浄することを意識しましょう。特に汗をかきやすい季節は乾燥も早いので頻度を上げられます。衛生面が気になる人は、お手入れ方法も考慮した上で商品選定を行いましょう。

枕カバーや枕パッドを活用する

枕を使うときはカバーやパットを使いましょう。枕本体を洗浄するのは大変ですから、カバーをローテーションするのが得策です。専用カバーでなくても、大き目のタオルで代用できます。カバーを頻繁に交換、洗浄して枕を長持ちさせましょう。

枕の寿命と買い替えタイミングのまとめ

いかがでしたか。 この記事では枕の寿命について解説してきました。

枕は質の良い睡眠を得るための重要アイテムです。これからは寿命も考慮して付き合いたいもの。使い慣れた枕も、その機能性が失われてきたら思い切って買い替えを検討しましょう。

王様の夢枕

人気商品

詳細を見る
王様の抱き枕王様の抱き枕
王様の抱き枕
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥8,800
商品ページへ
王様の夢枕王様の夢枕
王様の夢枕
+3
+2
+1
販売価格¥6,980
商品ページへ
王様の抱き枕 Lサイズ王様の抱き枕 Lサイズ
王様の抱き枕 Lサイズ
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥12,800
商品ページへ
王様の抱き枕 専用カバー王様の抱き枕 専用カバー
商品ページへ