洗える枕で快適睡眠!おすすめ理由と選び方を徹底解説!

目次

お気に入りの枕はどの様にお手入れしていますか。毎日使う枕ですから、日頃から清潔にして気持ちよく睡眠したいもの。洗える枕なら、経年汚れから突発的な汚れまで、自分で洗浄できます。思い立った時にお手入れできるので便利ですよね。この記事を読むことで、洗える枕の特徴や選び方がわかります。自分にぴったりの商品を見つけるため、ぜひ参考にしてください。

洗える枕とは

洗える枕は枕本体をジャブジャブ水洗いできちゃいます。枕の衛生管理が自分のタイミングでできるのでおすすめです。枕は、頭髪やフケ、皮脂が付着することで汚れていくもの。枕本体の汚れや臭いを定期的に除去できると気持ちいいですよ。枕を定期的に洗浄し、清潔に維持することを心掛けましょう。

また、枕の維持管理には、取扱い方法をよく理解することが大切。洗い方や扱い方を間違えると枕が破損してしまうことも。お手入れの方法や注意事項は必ず確認するようにしましょう。

洗える枕の選びかた

洗える枕は使用環境に合わせて都度洗えるので清潔に維持管理できます。

一方で良質な睡眠を得るためには寝心地を大切にしたいもの。寝心地が良くて自分の体に合った枕を選ぶべきです。管理面と機能面をバランス良く満足する枕が理想となります。

ここでは、どんな基準で枕を選べばよいのかポイントを解説します。

洗濯機で丸洗いできれば手間が省ける

ひとくちに洗える枕と言っても、洗い方は大きく2つに分かれます。ひとつは手洗いです。少々手間はかかりますが、同時に枕の状態確認ができます。ほつれや破れがないか忘れずに確認しましょう。

もうひとつは洗濯機による丸洗いです。洗濯機に枕を投入してスイッチを入れるだけなので手間が省けます。手軽さと洗浄能力を考慮すると洗濯機で洗える枕がおすすめです。

乾きやすい枕は衛生管理がしやすい

枕を定期的に洗いたいのなら、乾燥にかかる時間も重要なポイント。

中綿素材によっては、乾燥に一日以上必要となるケースもあります。衛生管理のし易さを考慮すると、乾燥時間が短い枕がおすすめです。

乾燥作業で注意する点は、枕をしっかり乾かすこと。どんなに時間がかかっても枕を完全に乾かしましょう。湿気が残っているとカビが発生したり、臭いの原因になります。

乾燥方法にも注意が必要です。天日干しが可能なものと、そうでないものがあります。

枕の取り扱い方法をよく確認して乾燥させましょう。

防ダニ・防菌防臭効果付きが衛生的

人は寝ている時に想像以上の汗をかきます。また、顔周りの皮脂が枕に付着して匂いの原因になることも。さらに枕の通気性が悪いと、ダニが生息しやすい環境となります。

防ダニ・防菌防臭効果がある枕を選べば衛生面で有利です。

枕の高さは睡眠の質に影響する

「いつもの枕じゃないと眠れない」こういう人は珍しくありません。枕の高さや幅が不適切だと、さまざまな不具合が生じます。良質な睡眠が得られないだけでなく、体を痛める原因になることも。枕を変えたせいで「肩こりや頭痛がつらい」なんてことにならない様、自分の体格に合った枕を選びましょう。

枕の高さは5cm~8cm標準的

自分に適した枕の高さを調べるには、首の深さを知る必要があります。壁に沿って直立して壁から首までの長さが必要な高さの目安です。平均的な枕の高さは5cm〜8cm。敷布団の柔らかさや、頭の重さによっても変わりますので参考にしてください。

枕の幅は頭3つ分が標準的

人は寝ている間に数十回寝返りをします。寝返りは頭の荷重負担を分散し、血流を促進させるため重要です。枕が小さいと寝返りをした際に、頭が枕から外れてしまいます。すると長時間無理な体勢での睡眠を強いられることに。枕の幅が頭3つ分あれば、寝返りをしても頭が落ちずに安心です。60cm程度が標準的なサイズになります。

中綿素材で寝心地や使い心地が変わる

洗えて清潔に使える枕でも、寝心地が悪ければ耐えられません。寝心地の良さを左右する要素として、最も重要なのが中綿素材。素材の柔らかさや、通気性、充填量によっても使用感が変わります。ここでは洗える枕に使われる中綿素材の特徴を見ていきましょう。

通気性良好なパイプやファイバー素材

樹脂繊維で作られたパイプやファイバー素材は通気性抜群です。中空パイプや格子状のファイバー繊維が多くの空気層を確保。蒸れにくく乾燥しやすい構造になっています。特に夏場は汗で蒸れを感じやすいもの。涼しさを第一に求めるなら検討すべき素材です。

やさしくフィットするポリエステル綿

綿状の化学繊維で、柔らかくボリューム感のある中綿素材です。荷重をかけるとゆっくりと沈み込み、やさしくフィットします。一方で復元力が弱く、へたりやすいのが留意点としてあげられます。

極小ビーズは抜群の触り心地

モチモチとして、独特な触り心地が気持ちいい極小ビーズ。流動性が高く、強いフィット感が得られます。寝心地を優先するならおすすめの素材です。

洗い方も見据えて枕を選ぼう

この記事では、洗える枕の特徴や選び方を解説しました。毎日気持ち良く睡眠するためには、枕のメンテナンスが必須です。洗える枕なら、自分で自由に丸洗いできるので清潔に維持管理できます。自分にピッタリの枕を見つけて、良質な睡眠を獲得してくださいね。

人気商品

詳細を見る
王様の夢枕王様の夢枕
王様の夢枕
+3
+2
+1
販売価格¥6,600
商品ページへ
王様の抱き枕王様の抱き枕
王様の抱き枕
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥8,800
商品ページへ
王様の抱き枕 Lサイズ王様の抱き枕 Lサイズ
王様の抱き枕 Lサイズ
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥12,800
商品ページへ
王様の夢枕2王様の夢枕2
王様の夢枕2
+1
販売価格¥7,480
商品ページへ