枕の正しい使い方を完全解説!快眠への近道を教えます!

目次

睡眠の質が上がらない理由の一つとして、枕が合っていないことが挙げられます。しかし、そもそも正しい方法で枕を扱えているでしょうか。枕を正しく使わないと、コリや痛みなど身体に悪影響がでる可能性があります。この記事では枕の正しい使い方を解説します。ぜひ参考にして下さい。

枕の役割とは

理想的な寝姿勢とは直立姿勢をそのまま維持することです。しかし、脊柱は緩やかなS字カーブを描いているので、枕なしだと首周りに隙間ができてしまいます。この隙間を埋めるのが枕の役割です。枕を使えば、首や肩にかかる過重負担が軽減します。自分に合った枕を選び、正しい使い方で快適な睡眠を獲得しましょう。

正しい枕の使い方

正しい枕の使い方は、枕を肩口に密着させて使うことです。肩口に密着させると、首周りの隙間をしっかり埋められます。大切なのは、頭だけでなく首もしっかり支えるイメージを持つことです。ここでは、寝姿勢ごとに正しい枕の使い方を紹介していきます。

仰向け姿勢での使い方

正しい寝姿勢は、直立姿勢を維持したまま仰向けになることです。首周りの隙間をしっかりと埋めるために、枕と肩口は密着させましょう。ここで注意したいのは、枕を引き寄せすぎて肩がのってしまうこと。これでは肩周りに隙間ができてしまい、コリや痛みの原因になってします可能性があります。最後に頭を置く位置ですが、枕の中心で問題ありません。これは寝返りによる頭の振れ幅を考慮するためです。

横向き姿勢での使い方

横向きでの寝姿勢においても、脊柱の形を意識することが大切です。具体的には、首から背骨が敷き布団と平行となるのが理想的。正しい横向き寝姿勢を維持するために、枕は肩口まで支えるように調整しましょう。仰向け姿勢同様、首周りに隙間を作らないことが重要です。首や肩に荷重負担が偏らないように注意しましょう。

最後に横向き姿勢での頭の位置です。横向き寝で枕の中心に頭を置くと、寝返りで頭が落ちてしまうことがあります。向いている方向から反転することを踏まえ、枕の端に頭を置くと良いでしょう。

うつ伏せ姿勢での使い方

うつ伏せ姿勢を好む人は、枕を使わない人も少なくありません。しかし、うつ伏せ姿勢でも枕を使用することをおすすめします。なぜなら、仰向けや横向き姿勢同様に首周りの隙間を埋められるからです。枕を使えば隙間がなくなり、身体全体で荷重を分散させることが期待できます。

間違った枕の使い方

枕は理想的な寝姿勢を保つために大切な寝具です。しかし、間違った使い方をすれば、効果がないどころか身体に悪影響を及ぼしかねません。ここでは間違った枕の使い方について、ありがちなものを紹介します。

枕の上に頭だけ置いている

枕の上に頭だけ置いていると、首を支えることができません。つまり、首周りの隙間を埋められていないということです。これでは首への負担が大きくなり、コリや痛みの原因になってします可能性があります。枕は肩口までしっかりと密着させ、首周りの隙間を埋めるように使いましょう。

枕を上下逆さまに使っている

枕を横から見ると高さの違う山が2つあるウェーブ型の枕。高反発、低反発素材に多く見られる形状です。ウェーブ型は上下間違わないように使いましょう。正しい使い方は、山の高い方を首元に配置することです。上下逆に使用すると顎が引けてしまい、気道の圧迫やコリの原因になってします可能性があります。上下の形状に特徴がある枕は、正しい設置状態になるよう注意して使用しましょう。

おすすめの枕

これまで、枕の正しい使い方と間違った使い方を解説してきました。枕の役割や機能を十分発揮させるために忘れないで下さい。さて、次に頭をよぎるのは、良い枕がほしいという願望ではないでしょうか。そこで、おすすめの枕を3点厳選して紹介します。ぜひ参考にして下さい。

王様の夢枕(ビーチ株式会社)

ふんわりと柔らかい触り心地が気持ちいい王様の夢枕。中綿素材として使われる極小ビーズとポリエステル綿には4つのヒミツがあります。

1つ目は自由に動く極小ビーズが、ムニュッとした不思議で気持ちいい感触を作り出すこと。

2つ目は流動性と弾力性です。枕に頭をのせたときの荷重で中綿ビーズが自由に動き、包み込まれるような感覚を覚えます。

3つ目は耐久力と復元力です。極小ビーズはへたりにくい設計で復元力にも富んでいます。さらに適度に配合されたポリエステル綿がコシを生んで、長時間しっかりと頭や身体を支えてくれます。最後の4つ目が優れた体圧分散性です。自由に動く中綿素材により、首周りの隙間をしっかりと埋めてくれます。身体と一体化した枕により荷重負担が効果的に分散。疲れにくい快適な睡眠をサポートしてくれます。枕本体も水洗いでき、お手入れも簡単。どなたにもおすすめできる枕です。

王様の夢枕

エアー4Dピロー(東京西川)

中綿素材にウレタンフォームを採用し、心地よいフィット感を実現したエアー4Dピロー。表層のウレタンを格子状に編み込むなど、通気性と枕の温度上昇に配慮しています。特徴的なのは枕内部に内蔵したGEL素材。直接肌に触れない芯部分で、温度上昇やムレ感の抑制に効果を発揮します。また、枕の高さを調整する機能も優秀です。枕全体の高さを調整する機能はもちろん、枕を4分割してそれぞれの高さも調整できます。枕の使用感、フィッティングを重視する人におすすめの枕です。

東京西川 AiR4D エアー4Dピロー 低め 枕 高さ11cm ウレタン ふとんの西川 寝具 高さ調節可能 ネックサポートシステム 頭圧分散 4D感覚特殊立体構造

エアウィーヴ ピロー スタンダード(エアウィーヴ)

独自に開発された化学素材「エアファイバー」を中綿に採用したエアウィーヴ ピロー。この枕の最大の特徴は高い通気性です。 中綿であるエアファイバーの空気含有量は90%以上。軽量で通気性に優れ、汗をかきやすい季節でも枕に熱がこもりません。

その他、ファイバー素材の利点として清潔に保てることがあげられます。本体のファイバー素材はシャワーを直接かけて洗浄可能。乾きも早いので、少ない時間でもお手入れすることができます。コシがあり硬めの素材なので、体格の良い人や硬めの枕が好みの人におすすめします。

airweave(エアウィーヴ) 枕 高さ・硬さ調整可能 エアウィーヴピロー スタンダード

正しく枕を使用し快適な睡眠を!

いかがでしたか。この記事では正しい枕の使い方と、おすすめの枕を厳選して紹介しました。せっかく自分にピッタリの枕を見つけても、使い方が正しくなければ宝の持ち腐れです。良い枕を正しく使用して、朝までぐっすりの快眠を獲得しましょう。

王様の夢枕

人気商品

詳細を見る
王様の抱き枕王様の抱き枕
王様の抱き枕
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥8,800
商品ページへ
王様の夢枕王様の夢枕
王様の夢枕
+3
+2
+1
販売価格¥6,980
商品ページへ
王様の抱き枕 Lサイズ王様の抱き枕 Lサイズ
王様の抱き枕 Lサイズ
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥12,800
商品ページへ
王様の抱き枕 専用カバー王様の抱き枕 専用カバー
商品ページへ