寝室に最適な間接照明!おしゃれで癒しの空間を演出できます!

目次

寝室の雰囲気をおしゃれに演出してくれる間接照明。上手に配置して、心落ち着ける快適空間を作ってみませんか。この記事を読むことで、間接照明のメリットや選び方がわかります。睡眠に大切なリラックス空間作りに効果絶大なので、ぜひ参考にしてください。

間接照明とは

間接照明とは、部分的に当てられた光が周囲に反射することを利用した照明です。部屋全体を明るく照らす直接照明とは異なり、空間に立体感を生み出してくれます。また、優しく照らす照明は落ち着いたムードを効果的に演出。おしゃれでリラックスできる空間作りに役立ちます。

寝室に間接照明を導入するメリット

良質な睡眠を得るためには、寝具の他にも寝室の環境が大切です。静かな環境はもちろん、光から受ける刺激にも気を使いたいもの。間接照明を上手に利用すれば、さまざまなメリットが期待できます。ここでは間接照明のメリットを項目ごとに紹介します。

優しい光が睡眠の質を上げる

光の刺激を抑え、リラックスした空間を演出するために間接照明を活用しましょう。特に暖色系の間接照明は、睡眠導入に最適です。部屋全体を優しく照らすことで、ムードのあるリラックス空間を演出します。間接照明なら、光の刺激が少ないので照明を消さなくても睡眠の妨害になりません。

空間に奥行きや立体感が生まれる

体を休めるための寝室は、圧迫感が少なく居心地の良い空間にしたいもの。間接照明を上手に配置すれば、部屋に奥行きがあるように見えます。ベッドや家具の配置と組み合わせて、光のコントラストを楽しみましょう。また、優しい間接照明が作り出す光と影は、空間を立体的に見せてくれます。圧迫感の少ない魅力的な空間作りのためにも、間接照明を活用してみましょう。

おしゃれな空間づくりのアイテム

やわらかく穏やかな光を放つ間接照明は、おしゃれな空間作りに最適です。どんな小さな灯りでも、趣のある光のコントラスは魅力的なもの。寝睡眠前のリラックスタイムを演出するためにも、間接照明を活用してみましょう。

寝室に設置する間接照明の種類

間接照明には、据え置き設置型や移動できるタイプなど、さまざまな種類があります。ここでは代表的なタイプごとに特徴を解説していきます。

バリエーション豊富なスタンドタイプ

スタンドタイプは、フロアやテーブルに置くタイプの間接照明です。大きさや照度、デザインバリエーションがとても豊富なのが特徴。空間の雰囲気やテイストに合わせて選ぶことができます。また、家具や寝具の配置が変わっても、照明を移動させて楽しめるのも魅力です。まずは小さなものから導入したい人にもおすすめです。

コントラストが美しいスポットライトタイプ

一点を集中的に照らし、光と影のコントラストが特徴的なスポットライトタイプ。壁や天井を照らせば、空間に奥行きや立体感を演出できます。また、強調したい家具や小物、植物などを照らすのもおすすめ。お部屋にアクセントがついて、ぐっとムードが高まります。

手軽さが特徴のバータイプ

細長い形状のLED照明で、手軽に設置できるのがバータイプです。軽量で小さな隙間にも設置できるのが最大の特徴。壁とテレビの隙間に設置すれば、劇場スクリーンを再現できます。その他には、ベッド下部に設置して安全性に配慮した照明としても便利です。アイディア次第で、便利で雰囲気のある光を演出できます。

DIYで活躍するテープタイプ

テープタイプは、薄いテープにLEDが貼りつけられた間接照明です。軽量かつ、折り曲げるなどの変形が可能でDIY向きと言えます。設置自体はテープで貼り付けるだけなのでとても簡単。ちょっとした隙間にも設置できますので、手軽におしゃれを演出するアイテムとして便利です。

間接照明選びのチェックポイント

魅力たっぷりの間接照明ですが、商品選びにはチェックポイントがあります。自分のスタイルにあったアイテムを見つけるためにも参考にしてください。

照明をつけたまま寝入りたい人はタイマー機能が便利

間接照明を点けたまま、ムードたっぷりに睡眠導入したい人は、タイマー機能付きが便利です。リラックスした雰囲気に包まれ、そのまま寝てしまっても問題ありません。優しい光を選べば睡眠の妨げになりませんし、消し忘れも防止できます。既にお手元にある照明を活用したいときは、タイマー機能付きコンセントが便利です。

遠隔操作が便利なリモコン機能

寝る直前まで間接照明のムードを楽しみたいときは、リモコン機能付きが便利です。暗闇で睡眠導入したい人は、ボタンひとつで消灯可能。夜中、トイレになったときでも、就寝場所から照明を点けられます。リモコンの紛失防止のため、あらかじめリモコンの設置場所を決めておくと良いでしょう。

優しい暖色系が目に優しい

寝室の間接照明は、目に優しい暖色系がおすすめ。寝る前に使う照明は、目に低刺激で強すぎない優しい光が適しているからです。間接照明は寝室全体を明るくするアイテムではありません。最低限の光量で優しい光の照明を選びましょう。

寝室で読書したいときは調光機能が便利

ムードのある空間に、作業性も確保したいときは調光機能つきの間接照明が便利です。優しい光が魅力の間接照明ですが、文字を読むときは光量不足になりがち。調光機能がある照明なら、作業に合わせて明るさを調整できます。

間接照明で良質な睡眠を!

いかがでしたか。 この記事では間接照明のメリットや選ぶポイント、形状ごとに特徴を解説しました。 間接照明を配置することで寝室のムードを高められます。良質な睡眠のためにも、リラックスできる寝室空間を演出してみませんか。柔らかい光に包まれながら、良質な睡眠を獲得しましょう。

睡眠お役立ち

人気商品

詳細を見る
王様の抱き枕王様の抱き枕
王様の抱き枕
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥8,800
商品ページへ
王様の夢枕王様の夢枕
王様の夢枕
+3
+2
+1
販売価格¥6,600
商品ページへ
王様の抱き枕 Lサイズ王様の抱き枕 Lサイズ
王様の抱き枕 Lサイズ
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥12,800
商品ページへ
王様の夢枕2王様の夢枕2
王様の夢枕2
+1
販売価格¥7,480
商品ページへ