授乳クッションが断然おすすめ!授乳を快適にするアイテムとは?

目次

導入幸せを感じる授乳タイムは、できるだけリラックスして向き合いたいものですね。赤ちゃんをずっと腕で支えるのは大変ですが、クッションでサポートできると助かります。この記事を読むことで、授乳クッションの必要性や選び方がわかります。

授乳クッションの必要性とは

産後のママは昼夜問わず赤ちゃんの世話に追われます。夜泣きによって十分な睡眠が取れず心身ともにへとへとになることも。そのなかでも赤ちゃんへの授乳は欠かすことはできません。

大切な授乳タイムにおいて、ママの味方になってくれるのが授乳クッションです。授乳クッションは赤ちゃんを優しく支えて、腕の負担を軽減してくれます。

楽しく、ラクに授乳期間を過ごすためにも、ぜひ授乳クッションを使ってください。

授乳クッション選びのポイント

授乳クッションを選ぶポイントは以下の3つになります。

  • 使い方に合わせた形状を選ぶ
  • 厚みがあって硬めのクッションを選ぶ
  • お手入れが簡単なクッションを選ぶ
それでは順に説明していきます。

使い方に合わせた形状を選ぶ

授乳クッションには使用するシチュエーションに合わせて形が違います。大きく分けると3つの形がありますので、それぞれ特徴を確認してきます。

スタンダードなU字型

比較的コンパクトで、取り回しに有利なのがU字型です。アイテム数も多くてお好みの柄や大きさを見つけやすいのが特徴。

基本的には授乳のみに特化したシンプルな作りが多いです。授乳だけではく、赤ちゃんのお座りの練習にも併用できる商品があります。

枕としても使える三日月型

ママは赤ちゃんの傍で寄り添うことが多いもの。そんな時、枕の代わりにもなって2weyで使えるのが三日月型。妊娠時期から抱き枕として使える商品もあります。産後の授乳にはU字型に変形させて授乳クッションとして使用可能です。

赤ちゃん目線のCカーブ型

最近になって多くの商品が開発されているのがCカーブ型。赤ちゃんの姿勢を、カーブを描くように支えてくれるクッションです。

ママのお腹にいた状態を再現し、赤ちゃんに安心感をもたらしてくれます。赤ちゃんを包み込む形状なので、寝かしつけにも活用できるアイテムです。

厚みがあって硬めのクッションを選ぶ

ラクな授乳姿勢にはママが前傾姿勢になりすぎないことが大切です。充分に厚みのある授乳クッションなら赤ちゃんを胸の高さで支えられます。また、何度も繰り返し使うものですから、しっかりコシがあって硬めのものがおすすめです。

ビーズクッションの場合は、しっかりした中綿で充填量が多いものを選びましょう。

お手入れが簡単なクッションを選ぶ

小さな赤ちゃんはミルクが上手く飲めず、吐いてしまうことがあります。他にもよだれが出たり、げっぷと一緒にミルクが逆流したりすることも。授乳には汚れ対策が大切だといえます。

カバーの脱着が簡単でラクに洗濯できるものがおすすめです。お手入れしながら使う事を考慮すると、単品でスペアカバーを用意できると安心できます。

おすすめの授乳クッション

これまで授乳クッションの選び方を紹介してきました。それでも、多くの商品から選びきれないという方には王様の授乳クッションをおすすめします。

ここではその魅力を紹介しますので参考にしてください。

王様の授乳クッションをおすすめする理由

王様の授乳クッションは多くの先輩ママから高い評価を得ています。特徴的な触り心地から、へたりの少ないクッション性がその理由。自分で使ってみて良かったから、友達ママにも紹介するといったケースも多いようです。それではもう少し商品を深掘りして見てみましょう。

中綿素材の極小ビーズが極上の触り心地

王様シリーズの魅力は何といってもその触り心地です。モチモチした感触で赤ちゃんのみならず、ママも癒されてしまいます。

秘密は極小ビーズとポリエステルわたの中綿素材。絶妙なバランスで配合することで極上の触り心地を実現しています。赤ちゃんの体に合わせてビーズが動くのでフィット感も抜群です。

ボリュームがあってマルチに使える

選び方でも解説した通り、クッションの厚みは大切です。王様の授乳クッションは柔らかくてボリューム感たっぷりなのが特徴的。

赤ちゃんをしっかりと受け止めて、ママが授乳しやすいポジションを維持できます。授乳時だけでなく、ママのちょっとしたお昼寝用枕としてもおすすめです。少し大きくなった赤ちゃんにはお座りサポートアイテムとしても活用できますよ。

タオル生地のカバーは優しい感触でお手入れ簡単

王様の授乳クッションのカバーは、タオル生地を採用しています。ふわっと優しい触り心地が魅力で、いつまでも触っていたくなる感触です。中綿の感触と相まって、高いリラックス効果が得られます。デリケートな赤ちゃんのお肌にも安心して利用できますよ。

クッションカバーはファスナーで簡単に脱着できてお手入れも簡単。スペアカバーも単品で購入可能なので同時購入がおすすめです。

授乳クッションで腕や腰の負担を減らしましょう

この記事では、授乳クッションの必要性と選び方を紹介しました。ママと赤ちゃんがラクな姿勢でストレスなく、長く使えるものを選びましょう。

それでも迷ってしまう時はこの記事で紹介した王様の授乳クッションをぜひお試しください。

公式サイト商品ページ

睡眠お役立ち

人気商品

詳細を見る
王様の夢枕王様の夢枕
王様の夢枕
+3
+2
+1
販売価格¥6,600
商品ページへ
王様の抱き枕王様の抱き枕
王様の抱き枕
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥8,800
商品ページへ
王様の抱き枕 Lサイズ王様の抱き枕 Lサイズ
王様の抱き枕 Lサイズ
+12
+11
+10
+9
+8
+7
+6
+5
+4
+3
+2
+1
販売価格¥12,800
商品ページへ
王様の抱き枕 専用カバー王様の抱き枕 専用カバー
商品ページへ